【【隠れた名作】『たいようのマキバオー』とかいう語られざる続編】の続きを読む