160609b004







以下、VIPワイドガイドがお送りします   2016/06/9(木)1:00:56 ID: VIPwideguide 

第10話 ジ・オーメン



テオ老師にヒイロの体のことを相談する。



「良いお知恵をお授け願えないでしょうか?」







ダガンゾートに似た「滅魂の炎」を見せるテオ老師



「10年前のあの時、こんな力を持つ魔道士が

どうして手助けしてくれなかったんだ?」




「大魔導師といえど、邪龍を止めることなどできないのです。大嵐と同じように」



「ヒイロ、魔導の修行をしましょう」





皆、何かに理由をつけてその場から離れさせられ





「はい、では。はじめましょう」




なんかよくわからない修行が始まるwww



(この二人…)





「これは虚空剣です」





「はい、じゃあやってみましょう。虚空剣」






といって、真似ただけのヒイロがなんかできたっぽい!?







本人気づいてないけどww




そして修行の日々が続き…





「竜体の件も含め、彼には類まれなる才能と恐るべき力があります」




ヒイロ、剣士じゃなくて魔道士属性が適正だったwww



魔導の力が強い為に、ダガンゾートの心臓を持っても耐えられていると。



「それと最後に一つ。ヒイロくんとサラートは対の二人です。常に対にしておきなさい」




卒業試験で、テオの結界を砕いたヒイロ







※本人に自覚はありません※




邪龍とヒイロのお互いの力が牽制して、暴走を防いでいる…



望み果てし地の手前の砂漠で…



エリーンの持つ道具からナンブーコの声が…






【聖戦ケルベロス 第10話】
修行(?)回
テオ老師に魔法を教わるヒイロ
実は魔法の才能があったのか
才能を隠す主人公はよくラノベにいるけどこの主人公の凄い所は1クールアニメなのに10話になってやっと魔法の才能が凄いことが判明して未だに無自覚てとこ

#cerberus_anime
ケルベロス10話にして面白くなってきたが伏線長すぎぃ。ほとんどの視聴者は10話まで残ってないでしょ。
あと沼倉さんの出番なさすぎ。今のところレイシャと台詞量同じくらいじゃない?
「聖戦ケルベロス」10話、「剣がない!」はただのギャグじゃなかった、というか、今回の展開自体、なんとなくだが、辻褄合わせで強引に作ったものじゃないだろうか。エリンが通信機を持ってる時点でナンブーコのスパイなのはバレバレだったろうに #cerberus_anime #聖戦ケルベロス
聖戦ケルベロス10話終了 ここに来て急にヒイロの武器が剣から魔法になったんすけどwまぁずっとギルーが剣教えても成長しないし、こういう能力あっても良いんでないの さてエリンがスパイしてたってのが発覚したけど今更感が 放置プレイのシャリシャルーもやっと出番だがケモ耳っ娘の扱い酷くね?
聖戦ケルベロスつまり主人公は剣の才能は無いけど魔法の天才だったてことか、10話で新展開だなあと2話で終わらせられるの?
10話目にして修行編に入るケルベロスほんとすこ
ケルベロスわた。もう10話なのに完結する気がしない
でもギルーが主人公で、ヒイロがヒロインなところは変わらないけどな…いやもうギルーは料理から戦いから主人公の庇護全般とお色気やら何やら全部乗せすぎてヒロインを超越してる……
………ママかな?
「道が曲がっていても自分が真っすぐ歩いたならその道はまっすぐと同じ」「小石を投げて落ちたところが自分の思い描いた場所」というのは「剣士になれずとも魔法の才能がある、自分の才能を活かせる道を進めばいい」の比喩だったのね。 #cerberus_anime
最弱と見せかけて実は強い、と思いきやマジでクソザコ、ではなくやっぱり超強い、しかし本人は己の才能が分かっていない。剣士としては超弱いという点はそのままだし老師の性格分析も視聴者が見てきた通りだし、ヒイロのキャラしっかり固まってるんだよね。 #cerberus_anime
裏でシャリシャルーがキメラになりそうな予感…