r




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:27:47.29 ID:mFOWabnX0

澪「お、まだ部室には唯だけか」

律「はぁ?何言ってん…」

澪「まったく…律は部長なのにまだ来てないのか…アイツはホントにもう…」

律(…勘違いしてるのか?ちょっとからかってやるか!)

澪「おい唯?ボーッとしてどうした?」

律「澪ちゃん!好き!」(唯の声真似)




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:30:09.25 ID:mFOWabnX0

澪「なっ、ななななっ、はぁ!?」

律「私もう我慢出来ないっ!澪ちゃん、大好きっ!」

澪「ゆゆゆ、唯!?突然どうした!?」

律(はー…案外気が付かないモンだねえ…。幼なじみなのに…)

律「だって澪ちゃんこんなに指ぷにぷにで…黒い髪がツヤツヤで…もう全部が可愛くて…」

澪「さっ、さっきから何を言ってるんだ唯!?」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:32:38.74 ID:Rm/i/Lsf0

構わん
続けろ



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:30:49.37 ID:mFOWabnX0

律「何って…、言葉の通りだよ澪ちゃん!」

澪「っはぁ!?えええ、えと、私はそういう趣味無いからなっ!?」

律「澪ちゃんがそういう趣味無くても…私が好きなのは変わらないからっ…!」

澪「あれ、えと、唯、とりあえず落ち着こう?なっ!」

律「私、今とっても落ち着いてるよ…これ以上無いって位に…」

澪「ははっ、も、もう冗談はいいからさ!」

律「じょ、冗談なんかじゃないよっ!」

澪「ゆ、唯?」

律「私本気なの…からかわないで澪ちゃん!」

律(まぁからかってんのは私なんだが)




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:31:29.74 ID:mFOWabnX0

澪「あっ…その…ゴメン唯…」

律「いいよ、おかしいのは私なんだもん…女の子が好きとか変だよね…」

澪「ちが、別に唯の事変だとかそういう風には思ってなくてだな!」

律「じゃ、じゃあ澪ちゃん…、その…キ、キスして…っ」

澪「きっ、キス!?」

律「だ、ダメ…?」(上目遣い)

律(ま、流石にこれで分かるだろ。それにしても、髪を下ろしただけなのに全然気付かないんだなぁ…)

澪「…わ、分かった!」

律「は?」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:32:11.27 ID:mFOWabnX0

律「え、な、何が分かったの澪ちゃん?」

澪「だから、その、きっ、キス!」

律「ちょっ、何言って…澪ちゃん落ち着いて!」

澪「唯が言い出したんだからな…?」

律「おい馬鹿、澪やめっ…ん〜っ!?」

澪「ちゅ…ん…む…」

律「ん〜!んん〜!」

律(澪の舌が…私の口の中を…)

澪「ちゅ…ぷはぁ…、どうだ唯、満足か…?」

律「ぷは…み、おっ…なんで…ぇ…」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:32:51.77 ID:mFOWabnX0

澪「なんで…って、唯が言い出したんだろ?」

律「だって、さっきはそういう趣味無い…って…」

澪「唯見てたら、何かそんな気持ちになっちゃったんだよ!」

律「え…?」

澪「別に、お、女の子でもいいかなぁ〜…ってさ…」

律「…っ」

澪「そ、それに私、唯の事、きっ、嫌いじゃないし…」

律「なんだよ…それ…」

澪「ど、どうしたんだよ、…唯?」

律「ひぐ…ぐすっ…」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:33:32.37 ID:mFOWabnX0

律「っう、うわああぁぁぁぁあん!」

澪「ちょっ、唯!?…い、行っちゃった…」

澪「何だったんだよ…」

澪「でもなんか…いつもの唯じゃ無かったよな…」

澪「なんていうか、雰囲気が微妙に違うっていうか…」

澪「で、でも唯は唯だし…」

澪「告白されて…キスしてくれって言われて…」

澪「キスしたら泣いて逃げられて…、どーゆこと…?」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:34:12.77 ID:mFOWabnX0

キィ〜…ガチャ

紬「こんにちわ〜。あの、澪ちゃんさっきここの前の階段で…」

澪「む、ムギ!唯とすれ違わなかった!?」

紬「えぇ、唯ちゃん泣きながら階段走り降りて行ったわ…。何かあった?」

澪「やっぱあれ唯だよね!?」

紬「…唯ちゃんじゃなかったら誰だっていうの?」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:34:52.98 ID:mFOWabnX0

律「澪のヤツは…唯が好きだったのか…ううっ…」

律「最悪だ…こんなコトになるなら、唯の真似なんてしなきゃ良かった…」

律「ハハ…いつも澪に悪戯したり意地悪したり…」

律「そのツケが返って来たのかな…」

律「これはきっと当然の報いなんだ…ひっく、うぇえん…みぉ…お…」

和「…泣き声…?」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:35:51.33 ID:mFOWabnX0

律「やだ…やだよぅ…みおぉ…」

和「…泣き声が聞こえると思って、来てみれば…、律、何してんの?」

律「ふぇえん…ぐす…うぅ…」

和「お〜い、律?」

律「はぇ!?のっ、ののの和!?」

和「な…、そこまでビックリしなくても…流石にちょっと傷付くわね」

律「あ、ご、ゴメンナサイ…」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:36:31.58 ID:mFOWabnX0

紬「そうなの…そんなことが…」

澪「うん…、何が悪かったのかなぁ…?」

紬「きっと唯ちゃんは…いきなりキスされた事に怒ったんじゃないかしら?」

澪「え、で、でもそれは唯の方から…」

紬「でもされる直前に嫌がったんでしょ?」

澪「あ…うん…」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:37:12.36 ID:mFOWabnX0

紬「唯ちゃんはね、曖昧な態度の澪ちゃんに対して、きっと勢いで『キスして!』なんて言ってしまったんだわ!」

澪「は、はぁ…」

紬「だから本当にキスしようとしてきた澪ちゃんに戸惑ってしまったの」

澪「そ、そうなのかな…?」

紬「唯ちゃん、きっとファーストキスだったんだわ。」

澪「え…?」

紬「唯ちゃんはもっと初めてを大事にしたかったんじゃないかしら…」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:37:55.10 ID:mFOWabnX0

紬「初めては一生思い出に残るモノよ」

澪「…」

紬「だけれど澪ちゃんは、そんな唯ちゃんの気持ちを無視して半ば無理矢理唇を奪った」

澪「う…」

紬「例えそれが唯ちゃんから言い出したことだとしても、澪ちゃんはもっと唯ちゃんの気持ちを汲んであげるべきだったんじゃない?」

澪「うう…わ、私、唯に謝らなきゃ!」

紬「そうね、謝って、もう一回キスしてあげるのよ!」

紬(それにしても…珍しく私台詞多いわ〜♪)




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:38:35.61 ID:mFOWabnX0

和「へえ…そんな事が…」

律「澪が唯の事が好きだなんて思わなかった…」

律「だって…そんなこと…ぐす…」

律「確かに私いつも澪にちょっかい出してて…澪が嫌がる事したりして…」

律「でもそれだって澪が可愛いから…好きだからちょっとイジメたくなっちゃうだけで…」

律「別に澪の事嫌いだからとか…全然そんなんじゃなくて…」

律「でも唯は…可愛くて…ちょっと抜けてるけど、それがまたほっとけなくて…」

律「そりゃ私と唯だったら唯の方を好きになるかもだけど…」

律「こんな…こんなのって無いよ…ふぇぇぇ…」

和「律…」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:39:16.04 ID:mFOWabnX0

唯「きょっうのおっかしはなぁっにかな〜。うんたん♪うんたん♪」

ガチャ

唯「平沢唯、只今参上致しましたです!」

澪「唯!!」

唯「あ、澪ちゃんムギちゃん〜。遅れてゴメンね〜」

澪「唯!さっきは、その、本当にゴメンな!」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:39:56.46 ID:mFOWabnX0

唯「ふぇ?何の話〜?」

澪「その…はっ、初めてだったんだろ!?」

唯「初めて?」

澪「あんな無理矢理奪っちゃって…、そのっ、何て謝ったらいいか…!」

唯「無理矢理〜?」

澪「わ、わたっ、私、責任取るから!」

唯「責任〜?」

澪「唯っ!こっ、ここ、恋人になってくれえ!」

紬「もうひとこえ〜!」

澪「けっ、結婚しよう!って何言わせるんだムギ!!」

紬「まぁまぁまぁまぁ、澪ちゃんったらだいたん〜♪」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:40:36.86 ID:mFOWabnX0

和「律は…澪の事、本当に好きだったのね…」

律「うん…私…さっきので分かった…私は…澪が大好きだったんだ…っ!!」

和「そう…」

和(この子、何だか放っておけないのよね…)

和(いつもはふざけてるけど、軽音部の部長としていつも皆の前では明るく振る舞って)

和(結構気張ってるんだろうなぁ)

和(澪はいつも文句言ってるけど…)

和(こんな弱い一面見せられちゃうと…きちゃうなぁ…)




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:41:03.49 ID:F4zmWh4HO

速度をあげろ、いや、あげてくださいお願いします



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:41:56.69 ID:mFOWabnX0

和「ねぇ…律…」

律「ぐすっ…何、のど・・・ん!?」

和「んっ…はむ……」

律「んむ〜っ!!ぷはぁっ、何すんだよっ!?」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:42:36.97 ID:mFOWabnX0

唯(澪ちゃんさっきから何言ってるんだろ〜?)

唯(初めて?奪う?)

唯(早口過ぎて良く分かんないや、えへへ)

澪「唯っ!こっ、ここ、恋人になってくれえ!」

唯(…こ、恋人??)

紬「もうひとこえ〜」

唯(い、今、私、恋人になってくれって言われた!?澪ちゃんに!?)

澪「けっ、結婚しよう!って何言わせるんだムギ!!」

唯(けっ…こん…?)

唯「っえ!?けけけけ、結婚!?み、澪ちゃんとっ!?」ボッ

紬「あら唯ちゃん、顔真っ赤」




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:43:36.17 ID:mFOWabnX0

唯「とととと、突然どうしたの澪ちゃん!?」

澪「とつぜんって、元はと言えば唯が…」

唯「私!?私何かした!?」

澪「…しらばっくれるつもりか?」

唯「しらばっくれる…?そ、それより結婚って本気なの澪ちゃん!?」

澪「けっ…こん…、あう、その、結婚は言い過ぎたけど!恋人!恋人は…」

唯「私が、澪ちゃんと、こいびと…」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:44:17.50 ID:mFOWabnX0

唯「こいびとってその、手を繋いだり、デートしたりする、こいびと?」

紬「その恋人よ唯ちゃん♪」

唯「ふぇ、えっと、私でいいの?」

澪「唯がいいの!」

唯「私女だよ?」

澪「唯も私の事好きってさっき言ってくれたじゃないか…?」

唯(あれ、私そんなコト言ったっけ…。で、でも、澪ちゃんと、一緒にデートしたり、手を繋いだり…)

唯「わ、私で宜しければ、お願しますっ!」

澪「唯…!こっ、こちらこそお願いしますっ!」

紬(眼福ですわぁ〜)




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:46:11.49 ID:mFOWabnX0

和「ねえ律。私じゃ、ダメかな?」

律「なんで…」

和「好きになっちゃった。律の事が」

律「は…ぁ…!?意味、分かんないっ…!」

和「そのまんまの意味。ねぇ、もう一回キスしよっか?」

律「え…」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:46:51.92 ID:mFOWabnX0

ガチャ

梓「こんにちは〜…ってぅ、何ですかこのあまったる〜い雰囲気」

唯「あずにゃん!遅かったね?」

梓「ちょっと用事があってですね…」

紬「澪ちゃんと唯ちゃんが付き合う事になったのよ〜」

梓「はぁ、そうですか。…はぁ!?」

唯「あずにゃん反応ワンテンポ遅〜い!」

澪「は、恥ずかしい…」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:47:32.37 ID:mFOWabnX0

梓「い、意味分かんないです…」

紬「そのまんまの意味よ?」

梓(もういいや…。突っ込んでたら練習時間無くなる…。細かい事は気にしない!うん。)

唯「お〜い、あ〜ずにゃ〜ん?」

梓「いえ、もう私は深くは追求しません。ところで…律先輩、まだ来てないんですか?」

澪「あれ…そういえばまだ来てないな…」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:48:17.79 ID:mFOWabnX0

律「ヤダ、ちょっ、和、やめっ!」

和「ふふ、冗談。」

律「っ!何なんだよ一体!」

和「でも律を好きになっちゃったのはホント」

律「…」

和「黙らないでよ、困っちゃうじゃない」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:51:50.36 ID:mFOWabnX0

律「私はもっと困ってるよ…」

和「そっか、いきなりゴメンね。」

律「私、そろそろ戻るよ。話聞いてくれてありがと」

和「どういたしまして。…ねぇ、困った時とか、辛い時とか」

和「生徒会の仕事が終わった後…だと遅くなっちゃうけど。昼休みとか」

和「いつでも会いに来ていいから」

律「…ありがと」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 01:52:30.87 ID:mFOWabnX0

律「いやぁ〜、遅れてごっめ〜ん!」

梓「あ、律先輩。本当に遅かったじゃないですか!」

律「いやぁ〜、ちょっとね〜」

澪「全く…唯は一番初めに来てたんだぞ?お前は部長だろ〜?」

律「………あっはは〜、ゴメンって!さっ、早速練習するか!」

唯「あれ、りっちゃん。お茶はいいの?」

律「私が今からゆっくりお茶のんでたら練習時間無くなっちゃうぞ〜?」

梓「そ、それは良くないです!練習しましょう、練習!」




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:24:12.08 ID:mFOWabnX0

紬(りっちゃん、何だか元気無い…?)

律「よーし気合い入れていくぞ〜」

唯「りっちゃん隊員いつになくやる気ですね!」

律「ん、そうか〜?」

梓「やる気なのはいいことですっ!」

澪「律がやる気…珍しいこともあるんだな」

律「澪!失礼だろ、私にっ!」

紬(…)

澪「それじゃ部長さんのやる気が無くならないうちに始めるとするか!」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:24:52.37 ID:mFOWabnX0

律「ワン!ツー!スリー!フォー!」

ジャンジャンジャンジャン♪

梓(あれ…この感じ…前にも…)

紬(りっちゃん…?)

澪(…何だ、この違和感…)

唯(なんていうか、全然楽しくない…)




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:25:32.58 ID:mFOWabnX0

律「ふぅ…結構いい感じだったんじゃないか?」

澪「…あ、ああ。そうだな」

梓「律先輩、また体の調子でも悪いですか…?」

律「ん、何で?」

梓「あ、えっと、いえ、何でもないです…」

律「もう一回位合わせとくかー」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:26:12.93 ID:mFOWabnX0

律「そろそろやめるか〜」

澪「そうだな。時間も時間だし」

紬「じゃあ帰りましょうか」

唯「今日は一杯練習出来たね〜」

梓「そうですね…。でも…」

唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「…いえ、やっぱり何でもないです」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:26:54.24 ID:mFOWabnX0

紬「さて、それじゃあ帰りましょうか」

律「なぁみ「澪ちゃん一緒に帰ろーっ!」

澪「ゆ、唯」

唯「恋人同士なんだから一緒に帰るのは当然だよね!」

澪「あ、あんまり大きな声で言うな、恥ずかしいだろ…」

唯「なんで恥ずかしがるの?もー…」

律「恋…人…?」

唯「うん!あれ、言ってなかったっけ?」

律「あはは…聞いてないなぁ…」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:27:34.62 ID:mFOWabnX0

唯「澪ちゃんがね、私に付き合って下さいって!」

澪「わーわー!恥ずかしいからやめてくれ唯!!」

梓(何だろう…律先輩震えてる…?)

律「う…そ、そっか、でもお前ら女同士じゃん!おかしくないか?」

唯「愛の前では性別なんて関係ないのですよりっちゃん!」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:28:42.50 ID:mFOWabnX0

律「なんだ…そっか、そうだったんだ。」

澪「…律?」

律「唯、何だその。澪をよろしくな?」

唯「へ?う、うん」

澪「なっ、何でお前が唯にそんな事言うんだよ!?」

律「私、教室に忘れ物してきたから取りに行ってくる。皆、先帰っててくれ!」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:29:22.69 ID:mFOWabnX0

梓「先輩!?走って行っちゃった…。」

唯「りっちゃん凄い急いでたね〜」

澪「教室に何かよっぽど見られたくないもんでも置いてきたんじゃないか?」

唯「そーなのかなぁ…」

紬「…」

梓「紬先輩?」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:30:26.19 ID:mFOWabnX0

唯「澪ちゃん、それじゃあ私たちは行こっか」

澪「唯、今日は家まで送ってくよ」

唯「ホント!?」

澪「うん。唯と少しでも長く一緒に居たいからな。ムギ、梓、じゃあまた明日な」

梓「あっ、はい。また明日…」

紬「澪ちゃん、唯ちゃん、仲良くね〜♪」




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:31:21.51 ID:mFOWabnX0

和「書類を教室に忘れるなんて…。ってまた泣き声…唯のクラスの方からね」

律「もう生きてる意味ないよぉ…うええええん…」

和「…律、何やってんの?」

律「うわぁぁああん…」

和「りつ〜?」

律「うわぁ!?のどっ、和!?」

和「ちょ…さっきと同じ反応しないで…」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:33:24.30 ID:mFOWabnX0

紬「私とした事が…なんて失態を…」

梓「どうしたんですか紬先輩?」

紬「唯ちゃんは本当はりっちゃんだったの!」

梓「…えっ、は、はぁ?」




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:39:11.45 ID:mFOWabnX0

和「え!?澪と唯って付き合ってたの!?」

律「そうらしい…。あの後澪から告白したんだよきっと。私もう死ぬよ…」

和「律、とりあえず落ちついて!」

律「もう無理。明日から唯と澪はきっと音楽室でいちゃいちゃし始める」

和「あの二人がそんな事するとは思えないけど…」

律「絶対する。私そんなの見てられない。発狂する」

和(重症ね…)




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:39:52.06 ID:mFOWabnX0

和「ねえ…それならさ、私と付き合わない?」

律「な、何で?」

和「何でも何も…、だから言ったじゃない、私は律の事が好きなんだってば」

律「いや…でも…、私は澪の事が…」

和「でも澪は唯と付き合ってるんでしょ?」

律「それは…」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:40:32.11 ID:mFOWabnX0

和「別に…私は、律が私の事好きじゃなくてもいいよ?律の気が紛れるならそれで」

律「でも…私はそういうのダメだと思うんだ…」

和「そう?」

律「今日はとりあえず帰るよ」

和「…返事待ってる」

律「考えとくよ…」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:41:20.11 ID:mFOWabnX0

唯「ねえ澪ちゃん、本当に私なんかでいーの?」

澪「何度も言わせるなよ、本当に恥ずかしいんだから。唯がいいの」

唯「…えへへ。照れちゃうな」

澪「唯が言わせたんだろ〜?」

唯「ねえ澪ちゃん、キスしよっか」

澪「あ…、うん。し、しよっか」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:44:04.38 ID:mFOWabnX0

律「はぁ…結構遅くなっちゃったな…」

律「それにしても和の奴どういうつもりなんだ」

律「私をからかってるのかな?」

律「あれ、澪と唯だ…。アイツ等歩くの遅ぇ…」

律「手なんか繋いじゃって楽しそうだな…」

律「私が二人の恋のキューピッドなんだから感謝して欲しいよな全く!」

律「うぅ…。どうしてこうなった…」

律「−っ!キスしてるよ…あ…はは…」




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:44:58.46 ID:mFOWabnX0

唯「澪ちゃんの唇、柔らかかった」

澪「っ、だからな!あんまり恥ずかしい事言わないでくれ!」

唯「澪ちゃん顔真っ赤〜」

澪「もう…唯なんて知らないっ」

唯「あ!ごめんごめん、待ってよ澪ちゃん!」

澪「もう〜!」

澪(…何だろうこの違和感。さっきのキスとは…何かが違う…)




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:45:44.57 ID:mFOWabnX0

唯「ただいま〜」

憂「お帰り、お姉ちゃん。今日は遅かったね?」

唯「ちょっと色々合ってね〜」

憂「もうすぐご飯出来るからもうちょっと待っててね!」

唯「うん、分かったよ〜」




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:46:38.60 ID:mFOWabnX0

唯「ねえうい〜」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」トントントントン

唯「私さ〜、澪ちゃんと付き合うことになったんだ〜」

憂「へぇ〜、そうなんだぁ。…は?」ザクッ

唯「澪ちゃんに好きって言われた〜」

憂「えええええ、ははhh」

唯「ご飯まだかな〜」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:47:19.08 ID:mFOWabnX0

唯「なんだか今日のマーボー豆腐真っ赤だね、辛そう」

憂「…」

唯「ちょっと鉄臭いんだけど、気のせいだよね?」

憂「…」

唯「頂きます♪」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:50:29.78 ID:QqqOhMquO

なんかグロくなってきたな



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:52:33.34 ID:mFOWabnX0

―――翌日

律「はぁ…学校行きたくねぇ…」

律「でもサボる訳には行かないよなぁ」

澪「ん…律が歩いてる。声かけてやるか」

律「あ〜足が前に進まなーい…」

澪「おーい律―!」

律「うわぁあ!?澪!?」

澪「なんでそんな驚くんだよ」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:53:24.76 ID:mFOWabnX0

律「どどど、どうしたんだ?」

澪「どうしたも何も…一緒に学校行こうよ」

律「え、ああ、うん…」

澪「?」

律(最悪…気まずい…)




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 17:54:23.94 ID:mFOWabnX0

澪「なぁそういえばさぁ、昨日教室に何取り行ったんだ?」

律(なんだよ…お前は唯と付き合ってるんだろ…)

澪「随分慌ててたみたいだったけど」

律(あれ…じゃあ私と澪が並んで登校ってマズくないか?)

澪「おい律?聞いてる?」

律(唯が勘違いしちゃうかも知れないしな…)

澪「お〜い、無視ですか〜?」

律「ごめん澪。私ちょっと用事あるから、先行ってるわ」

澪「は?おい、律、ちょっと!?」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:00:56.66 ID:mFOWabnX0

律「走って逃げて来ちゃった。まぁ別にどうでもいいや…」

和「あら律。おはよう」

律「も、もう流石に驚かないぞ。神出鬼没だな和は」

和「何その言い方…」

律「…なぁ和、付き合って…、みよっか…」

和「…律がいいなら私はいいよ?」

律「うん、じゃ、じゃあ付き合おう…」

和(…)




108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:02:37.33 ID:mFOWabnX0

和「じゃあ手繋いで学校行こう!」

律「え?ちょ…恥ずかしいって!」

和「恋人じゃん、何言ってんの。恥ずかしがる事なんて何にもないわよ」

律「おわ、ちょっと…」

律(の、和って結構強引なんだな…)

唯「ん…あれ、和ちゃんとりっちゃん?手、繋いでる。二人ってそんなに仲良かったんだぁ」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:04:42.27 ID:mFOWabnX0

澪「あ、唯、おはよ〜」

唯「澪ちゃんだ〜!おっはよう!」

澪「わ、会っていきなり抱きついてくるなよ、恥ずかしいだろ…」

唯「私は全然恥ずかしくないよ〜」

澪「わっ、私が恥ずかしいんだってば。ほら、皆見てるだろ…」

唯「う〜分かったよぉ。じゃあ後でいっぱい抱きつかせてね?」

澪「わ、分かった。後でいっぱい抱きつかせてあげるから」

唯「やったぁ♪」

澪(もう〜…本当に可愛いなぁ…)




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:05:36.05 ID:mFOWabnX0

澪「え?和と律が手を繋いで登校してた?」

唯「うん、さっき見たんだ〜」

澪(律の用事って…それかよ…)

唯「澪ちゃん?」

澪(いつの間にあの二人…まぁ私には関係ない事か…)

唯「私たちも手、繋いで行こっ♪」

澪「え!?…うん、繋いで行こうか」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:14:24.61 ID:mFOWabnX0

―――澪、和のクラス

澪「おはよーのど…、律?」

律「あ、澪、おはよう…」

和「おはよう澪」

澪「ふーん…律が急いでたのって早く和に会いたかったからなのか」

律「…まぁね」

澪「!あっそ、もうすぐ授業始まるし、教室戻らないとマズいんじゃない?」

律「そうだね、和、また後で」

和「うん、昼休みにね」

澪「…」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:15:04.88 ID:mFOWabnX0

澪「律と一緒に居て楽しい?」

和「え、何で?」

澪「いや…別に…」

澪(なんで私こんなイライラしてるんだろ…)

和「律ってさ、凄い可愛いよね」

澪「そうかな?」

和「うん、すっごい可愛い」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:15:28.16 ID:RfWc4uQWO

これは…っ! 和の策略…っ!



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:16:00.54 ID:mFOWabnX0

和「それに一緒に居て楽しいっていうか」

澪「まぁ…それはあるかも」

和「でも律ってああ見えて結構繊細な所あるよね」

澪(お前に律の何が分かるって言うんだよ…)イライラ

和「…澪?」

澪(私は小学校からずっと一緒に居るんだぞ…)

和「澪!」

澪「え、あ、ゴメン…」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:17:39.54 ID:mFOWabnX0

和「ああ、それと澪」

澪「な、何?」

和「私、律と付き合ってるから」

澪「…え?」

キーンコーンカーンコーン

和「チャイム鳴ったし、席戻るね」

澪「ちょっと、和…!」

澪(律と和が付き合ってる…?)




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:18:56.47 ID:mFOWabnX0

憂「梓ちゃんおはよー」

梓「おはよ…って、どうしたのその指!?」

憂「昨日お料理してる時に一杯切っちゃって…」

梓「両手共絆創膏だらけじゃん!」

憂「えへへ、えへへへへへへ〜」

梓(何かあったのかな…憂、怖い…)ガクガク




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:28:15.98 ID:X9EsdsBYO

あっちもこっちも百合だらけ…なんて素晴らしい世界なんだ………



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:28:58.32 ID:mFOWabnX0

―――昼休み

唯「みーおちゃん、お昼一緒に食べよう〜!」

澪「わっ、唯!?わざわざ教室まで来なくても…」

唯「だって一緒に食べたかったんだもん!」

澪「そ、そっか。じゃあ食べるか」

唯「あ、和ちゃん!和ちゃんも一緒に食べる?」

和「ん、私はいいわ。律と約束してるから」

澪「!」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:30:48.16 ID:mFOWabnX0

唯「?澪ちゃん、どうしたの?」

澪「ううん、な、何でもないよ」

和「じゃあ私行くわね」

澪「…唯、食べようか」

唯「うん、食べよ〜♪…わぁ、お弁当のオカズ…」

澪「なんで卵焼き真っ赤なんだ…?」

唯「分かんない…」




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:32:28.51 ID:mFOWabnX0

和(あの澪の反応…)

和(割かし本気だったんだけどなぁ)

和(しょうがない、私はそういう役割なんだわ…)

和(でも唯には悪いコトしちゃうな…)

和「ごめんね律、待った?」

律「んーん、待ってないよ」

和「って先に食べてるじゃない!」

律「だって遅いんだもん…」




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:39:06.23 ID:mFOWabnX0

紬「唯ちゃんは澪ちゃんのクラスに行っちゃうし」

紬「いつの間にかりっちゃんが和ちゃんと仲良くなってるし」

紬「和ちゃん…貴方がりっちゃんと二人でお弁当食べるとね」

紬「私居場所がなくなるのよ…」

紬「自分のクラスなのに居づらい…。トイレ行こ…」




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:40:04.03 ID:mFOWabnX0

紬「」モグモグ…

コンコン

紬「!?」

紬(どどどどうしよう、まさかバレるなんて…!虐められる!)

紬(きっと上からホースで水をかけられるんだわ…!)

?「紬…?」

紬「ひやぁ!?すみません、虐めないでぇ〜!…ってこの声」

和「なんでこんな所でお弁当食べてるの?」

紬「の、和ちゃん…?」




126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:40:33.91 ID:RfWc4uQWO

便所飯wwww



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:42:25.89 ID:es746jb+O

もっとも便所飯が似合わないナリしてるのに



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:44:43.11 ID:mFOWabnX0

和「っていう事なんだけど…」

紬「う〜ん、まぁ焚きつけたのは私だけれど…」

和「何か問題でもある?」

紬「和ちゃんはそれでいいの?」

和「まぁ…好きな人には笑っていて欲しいからね…」

紬「そう…ならいいわ」

和「私より、その、唯の事なんだけど…」

紬「唯ちゃん?きっと大丈夫よ!唯ちゃんなら話せば分かってくれるわ!」

和(唯…澪に本気っぽかったけど本当に大丈夫かな…)

和「とりあえず教室に戻らない?」

紬「…そうね」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:49:37.45 ID:mFOWabnX0

律「あー今日部活行きづらいなぁ…」

紬「…どうしたのりっちゃん?」

律「いやまぁ、恥ずかしいから聞かないでよ…」

和「じゃあ今日は放課後私と一緒に居る?」

律「そーいう訳にもいかないだろ…私は部長なんだぞ…?」




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:50:17.97 ID:mFOWabnX0

―――放課後・音楽室

澪「あれ、まだ唯しかいないのか」

唯「あ、澪ちゃん!遅かったね!」

澪「そうでもないと思うけど…。」

梓「すみません、私も居るんですけど…」

紬「こんにちは〜。あら、唯ちゃん澪ちゃん。」

澪「あ、ムギ。律は一緒じゃないのか?」

紬「あ、ああ。りっちゃん…」

紬(昨日とほとんど状況が同じね…)

紬(違うのは、ここから…)

梓「あの、私も居るんですけど…」




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:51:56.19 ID:mFOWabnX0

バンバンバンバン!

澪「アイツ、二日連続で遅刻なんて何考えてるんだ!部長のくせして…!」

紬「あの…澪ちゃん、その事なんだけど…」

澪「なんだムギ?」

紬「さっきね、りっちゃんが和ちゃんと空き教室に入ってたのを見たの」

澪「は!?」

紬「手を繋いで、仲良さそうに…」

澪「なななな、なんだと!?」

紬「それでちょっと気になって覗いたんだけど、二人…その…キスしてたわ…」ポッ

澪「」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:55:56.85 ID:mFOWabnX0

バンバンバン!

澪「り、律め…部活に来ないでそんな事してたのか…」

澪「もしかして昨日来なかったも和と…」

澪「何やってんだアイツは…!!」

紬(順調だわ♪)

澪「ムギ、その教室教えてくれ!律引っ張って連れて来る!」

紬「あの…そのことなんだけど…」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:56:50.68 ID:mFOWabnX0

バンバンバン!

紬「今日りっちゃんとお昼食べてた時の話なんだけど…」




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:57:32.34 ID:mFOWabnX0

―――――

律「あーそろそろ軽音部やめよっかなぁ…」

紬「とっ、突然何言い出すのりっちゃん!?」

律「いやだってさぁ、軽音部に居ると和と居る時間減るじゃん」

和「り、律!恥ずかしいから!」

紬「そ、そんな…りっちゃん、軽音部の部長じゃない…!」

律「ん〜、でも今は和の方が大事だしね〜。部活と恋人なら恋人でしょ!」

和「律…!」

律「うわっ、皆見てるだろ!抱き着くなぁ!」

紬「り…りっちゃん…」

――――――

紬「という事なの…。」

澪「なんだ…何だよそれ…意味分かんない…」ガタガタ

紬(あ…ちょっと脚色し過ぎたかしら…澪ちゃん泣きそう…)




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:59:29.11 ID:mFOWabnX0

バンバンバン!

澪「アイツが無理矢理私を軽音部に入れたんじゃないか…」

澪「そんなの勝手過ぎるよ…ふざけるな…!」

澪「やっぱり私、一発律を殴らなきゃ気がすまない!律を連れてくるぞムギ!」

紬「…でも、その後はどうするの?」

澪「その後?」

紬「結局、りっちゃんが私達軽音部より和ちゃんの方が大事って言ったら…」

澪「そっ、そんな事…!」

紬「新しいドラムを探しましょう…澪ちゃん…」

澪「そんなの絶対ダメだ!ムギだって言ってたじゃないか!律の代わりなんて居ないって!」

紬「澪ちゃん…」

唯「ねえ…澪ちゃん待って!」




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:02:36.53 ID:nU4AzPEwO

澪「ど、どうしたんだよ唯?」

唯「りっちゃんなんていいじゃん!私が、私が居ればそれで…!」

澪「な…唯、本気で言ってんのか!?」

唯「本気だよ…!澪ちゃんは私よりりっちゃんの方が大事なの?私と澪ちゃんは恋人でしょ!?」

澪「そ、それは今関係無いだろ…?」

唯「関係あるよ!真面目に答えてっ…!」
澪「唯…」

紬(あ、あれ、唯ちゃん?これは想定外でしたわ…)




196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:08:32.42 ID:nU4AzPEwO

唯「何で澪ちゃんはそんなりっちゃんにこだわるの?」

澪「だって…軽音部の部長で…ドラムじゃないか…」

唯「私、澪ちゃんのためなら部長だってやるよ?ドラムも新しく探せばいいじゃん…!」

澪「…それは、ダメだよ」

唯「っ、どうして!?」
澪「うちの軽音部の部長で、ドラムは律だけだよ」




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:10:20.92 ID:nU4AzPEwO

唯「…澪ちゃん、私と居る時もずっと他の誰かの事考えてる感じだった…。」

唯「澪ちゃんは、お、私とりっちゃんどっちが大事なの!?」

澪「ごめん…それは…」

唯「澪ちゃんから付き合って、って言って来たのに…馬鹿っ!」

澪「ごめん唯!」ダッ

紬「あ、澪ちゃん待って!!」

梓(私が居ること、皆さん完璧に忘れてるなぁ…)




198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:16:53.46 ID:oE18on0CO

ふられた唯は俺が拾うから安心しろ



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:17:47.21 ID:IyDEEM/l0

空気なあずにゃんは俺が



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:23:26.82 ID:pWcohuf00

死亡フラグな憂は俺が



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:23:27.73 ID:nU4AzPEwO

律「なぁ和…私そろそろ部活行かないと…」

和「少し位いいんじゃない?律はいつも頑張ってるだし、ちょっとサボる位どってことないわよ」

律「う、う〜ん、そっかなぁ…」

律(澪、怒ってるかなぁ。いや、もう呆れてるか。)

律「ってうぉい、和!?」ドサッ

和「こういうの嫌?」

律「嫌とかじゃなくて、え、え?」




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:33:35.92 ID:nU4AzPEwO

律「私何で押し倒されてるの?」

和「ちょっとドキドキするわね」

律「あ、うん。確かにドキドキはするけど…」

律「私達にはこういう事はまだちょっと早いんじゃないかなぁ…?」

和「そんな事無いと思うけど」

律「いや、そんなことあるよ〜…」




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:40:44.85 ID:nU4AzPEwO

澪「ムギ、その、空き教室って…!」

紬「あそこよ澪ちゃん」

澪「っはぁ、はぁ、着い…ってお前等何してんだぁああ!」

律「うわっ、み、澪!?何でここに!?」

和「あら、澪。部活は?」

紬(もうちょっと着くの遅くても良かったかも…)




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:49:02.14 ID:nU4AzPEwO

澪「お、お前…部活サボって…!」

律「ご、ごめんなさいっ!」

澪「その上、こっ、こんな事まで…!」

和「別にいいじゃない。誰に迷惑かけてる訳でも無いしね」

澪「め、迷惑とかそういう…!」

和「澪に私と律の事をとやかく言われる筋合いは無いけど?」

澪「う…」

紬(私はもう出番無いみたいね)




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 01:07:30.15 ID:nU4AzPEwO

和「じゃ、続きしましょうか律」

律「わ、馬鹿、和!」

澪「ま、待て!!」

和「何よ澪」

澪「そ、そんな事、私が許さない!」

和「…だからどうして?私と律が何してたって澪には関係ないでしょ?」

澪「関係あるっ!」

律「…澪?」




216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 01:34:57.42 ID:nU4AzPEwO

和「何の関係があるの?」

澪「それは…、私が、その…」

和「澪が?」

澪「その、りっ、律が、好きだからだよっ!!」

律「んなっ…!?」

和「…」

紬(はぁ…私幸せですわぁ…)




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 01:54:03.28 ID:nU4AzPEwO

律「澪、お前何言って…!?」

澪「律はずっと近くに居たから気付かなかったんだ」

澪「律と和が付き合ってるって聞いた時、私無性にイライラした」

澪「ずっとどうしてだか考えてたんだ」

澪「それでさっき、律が軽音部をやめるって聞いて…」

律「私が軽音部をやめる!?」

澪「やっと気が付いたんだ。私はずっと律と一緒で、そしてこれからもずっと一緒に居たいんだ。」

澪「唯には申し訳無いけど…私は律、やっぱりお前が好きなんだ!」

律「み、澪…!」




220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:09:40.19 ID:nU4AzPEwO

律「その、澪、私、お前を騙してたんだ」

澪「騙す?」

律「ほら、カチューシャ…」

澪「!!あ、あの時のって、もしかして…」

律「そうだよ。唯じゃなくて私だったんだよ」

澪(じゃあ唯と一緒に居た時の違和感っていうのは…そういう事だったのか)

律「私、冗談半分でああいう事して。それで、澪が唯の事好きっていうから」

律「すっごい後悔した。私もあの時、初めて気付いたんだ。」

律「私も澪の事が大好きだったんだって」




222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:13:46.33 ID:nU4AzPEwO

律「私も澪が好きだ、大好きだっ!」

澪「律…!でも律、お前和は…」

律「あ、の、和、その…」

和「いいわよ別に。私はね、実は紬が好きだったのよ」

紬「えぇ!?」

和「ただ紬の気を引きたくて律と付き合う振りしてただけなの」

紬「そ、そうだったの?」

律「和…ゴメン」

和「…謝らないでよ。澪、今度律を泣かせたら、私、本気で奪っちゃうからね?」

澪「うん、絶対もう律を泣かせたりなんかしないよ!」

和「絶対よ、澪。…って、ちょっ、紬、あんまりくっつかないで」

紬「和ちゃん、気付かなくてごめんなさい。私鈍感だったわ」

和「ねえちょっとその場の雰囲気とか読んでよ、ちょっ、紬!やめっ!」




224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/07/08(水) 02:17:03.71 ID:+dwXq3vS0

和いいやつだな
ってかムギww



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:18:12.04 ID:nU4AzPEwO

音楽室

バンバンバン!バンバンバンバン!

梓「その…唯先輩、お茶でも飲みます?」

唯「…うん」

梓(あーもう気まずいなぁ…)

梓(澪先輩も紬先輩も最悪…この状態の唯先輩だけ置いてどっか行っちゃうし…)

バンバンバンバン!

梓「…さっきからしてるこの音は…」




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:23:15.05 ID:nU4AzPEwO

梓(あれ…そういえばさっき…)

唯『澪ちゃんは、お、私とりっちゃんどっちが大事なの!?』

梓(お、私とりっちゃん…。…お?)

バンバンバンバン!

梓(この音…そんなに大きくないけど、掃除用具箱から…)


梓「ゆ、ゆい先輩…?」

唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「なっ、何か聞こえませんか…?」




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:34:24.92 ID:nU4AzPEwO

ガタッ!

唯「むー!むぅー!んむむむむー!」

梓「…ぁ、え?唯せんぱ…は?なんで手足縛られてガムテープで口を…」

梓「ちょ…ていうかどうして掃除用具箱に…あれ、唯先輩…二人…?」

憂「あーお姉ちゃん…もうちょっと大人しくしてて欲しかったな…」

唯「んむーっ!んんんむー!」




230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:38:06.13 ID:nU4AzPEwO

憂「でも分かったでしょ?澪さん、結局口だけだったじゃない」

憂「お姉ちゃんの事、ホントに愛してる訳じゃなかったね」

憂「最低な女。お姉ちゃんを傷付けて…でも大丈夫。私がちゃんと、それなりの罰を与えるよ?」

梓「あ…あ…」ガタガタ

憂「本当にお姉ちゃんを愛してるのは私だけ。私、お姉ちゃんのためなら何でもするからね」

唯「んむ…む……」

梓(どうしよ…に、逃げなきゃ…)ガクガク

憂「あれ、何処に行く気なの梓ちゃん」

憂「梓ちゃんも最近はお姉ちゃんとベタベタしてるよね」

憂「合宿の写真、見たよ」

梓「ひっ…やめて憂…」

憂「お姉ちゃんには私だけでいいんだよ〜。他には何にも居らないの。」

憂「それじゃ、さよなら、梓ちゃん」

おわり




231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:41:39.70 ID:nU4AzPEwO

はぁ…やっと終わったぁ…
途中長く間開けて本当すみませんでした。
支援とか保守とかありがとうございました。マジ感謝。
結局唯×憂が好きだからオチはこうなっちゃう。
やっぱ書くより見る方が楽しいし楽ですね。
それじゃあ寝ます。読んでくれた人、本当ありがとうございました。




233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:42:20.62 ID:Mzrz3+FeO

えええええ



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:47:12.32 ID:TULQF5xgO





236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 02:55:24.46 ID:Fa51Gb8z0

なんで憂は毎回毎回こんな扱いなんだよ…( ´Д`)=3



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 03:43:53.72 ID:oE18on0CO



健全なまま終わる憂を見たことないきがするw



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 09:45:18.19 ID:wMoApXFDO

乙!
スレタイからは想像できない内容だなw